萌えるアニ豚|きいちブログ

アニ豚「きいち」が萌えたアニメ作品を評価して感想つらつら書いていくクッソ気持ち悪くブログ。

キャンプ者続出の2018年萌えさせてくれたアニメ『ゆるキャン△』

   

今年(2018年)の1-3月にかけて放送され話題となり、10月には2期や映画化が発表された『ゆるキャン△』。

2018年最も萌えさせてくれたアニメと言っても過言ではない。

ゆるキャンの簡単なあらすじ

一人でのキャンプを趣味とする志摩リン。

寒い中本栖湖にてキャンプをしている最中、気持ちよさそうに眠っている女の子を見つけます。

彼女は各務原なでしこという少女で、富士山を見にきたものの、あいにくのくもり空のために見ることができず、疲れて眠ってしまっていたらしい。

リンは帰り道も分からないというなでしこと、しばらく一緒に過ごすことにします。このなでしことの偶然の出会いが、ソロキャンパーのリンの意識を少しずつ変えていきます。

登場キャラが全員に萌える

まずなんといっても、登場するキャラクターがみんなかわいいです。単純ですが、このポイントだけでも『ゆるキャン△』は大いに魅力的です。

メインキャラクターの各務原なでしこは、引っ越ししたばかりの土地で富士山を見に来たり、誰とでもすぐに仲良くなれるような、明るく行動力のある子です。

そんな彼女の一番のかわいさといえば、おいしそうに食べる姿でしょう。

1話でリンからごちそうになったカレー味のカップラーメン。出来上がるとともに、冷ましながらいきよいよく麺をすすり、うんうんとおいしさに納得しながら食べるシーンは、見ていてすごく和みます。

一方の志摩リンはなでしことは対照的に、人付き合いは苦手で、一人でいることを好む性格の子です。

クールに見えて人一倍感受性が豊かであり、ライオンのような像のマネをして口をあんぐり開けたり、なでしこが温泉に入ることを聞くと、自分も入りたいがために、

「おんせーん!」と心の中で叫びながらバイクを走らせたりと、物事に対する反応がとてもかわいらしいです。

他にもさんぽの言葉に思わず飛び起きるも、外の寒さに布団に潜り込んでしまう犬のちくわや、なでしこの友達の千明が作ったほうとうをおいしそうに食べる娘そっくりのなでしこの両親など、『ゆるキャン△』のキャラクターのかわいさには隙がありません。

美味そうに食べる食事シーン

『ゆるキャン△』に出てくる料理はどれもおいしそうですが、料理の作画がいいというよりは、それらを食べる情景が良く描けていると言ったほうが正しいかもしれません。

前述したなでしこが迷子の状態で不安の中差し出されたカップラーメンの他に、キャンプに向かう途中の笛吹公園で、疲労がでてきた中で発見したスイーツや、温泉上がりで気分がいいところに温玉あげの声掛けなど、おいしいものをさらにおいしくいただくための道筋がしっかりと描写されているというわけです。

ただ、あまりにおいしそうなため、夜中に観るのはやめたほうがいいでしょうね。

落ち着きながらも聴きごたえのある楽曲

今作の音楽を担当するのは2017年に話題となったアニメ『けものフレンズ』の楽曲も手がけた立山秋航。

主張しすぎない落ち着いた曲の数々は、寝る前に聞きたいと思うものばかりです。

オープニングとエンディングもとてもいい曲で、特に作中リンもラジオで聞いていた佐々木恵梨が歌う『ふゆびより』は、毎話をしめるにふさわしいエンディングですのでぜひ聞いてみてほしいです。

参考:Acua Piece - 「ゆるキャン△」第1話を例にBGMの意味と役割を考える 〜BGM・劇伴音楽による演出方法とその効果~

ゆるく楽しめるキャンプ知識

『ゆるキャン△』には様々なキャンプ知識が出てきますが、学ぶというよりアニメをより楽しくするために紹介されています。

松ぼっくりがいい着火剤になったり、高原で乾麺を茹でるなら細い麺がいいといった、キャンプに詳しくない人がへぇーと思える知恵がいくつも詰まっています。

これでキャンプに詳しくなれる、というほどではありませんが興味を持つには十分です。

役にとても合った声優

なでしこ役の花守ゆみりは、快活な彼女を魅力たっぷりに演じていますし、リン役の東山奈央の、普段はクールな彼女の心の中での喜怒哀楽の表現が非常にうまいです。
ノリがいい大垣千明役の原紗友里、おっとりとした犬山あおい役の豊崎愛生、マイペースでリンをからかって遊ぶ斉藤恵那役の高橋李依もキャラクターの性格によく合っています。

また、前述したキャンプ知識を読み上げるのは、あの有名な大塚明夫というのも、説得力が感じられる配役です。

2019年に2期目も決まっているぞ!

来年以降の展開にも期待が高まりますが、1期をゆるく観つつのんびり待ちましょう。

ハマりすぎてキャンプがしたくなったという方は、勢いでする前にしっかりとした知識をつけてから行いましょう。

オススメの類似アニメは「ヤマノススメ」

『ゆるキャン△』を見て思い出されるアニメに『ヤマノススメ』があります。

この作品も女の子の日常系アニメでありながら、アウトドアがメインとなっています。

違いはキャンプではなく登山を主な目的としているところで、なでしこが遠くから眺めているだけでいいと言っていた富士山の登頂に挑戦するようなガチ要素もあります。

女子高生なのに小学生にしか見えないあおいやひなたを始めとしたキャラクターは文句なしにかわいいので、ゆるキャン△のかわいさが気に入った方ならこちらの視聴もおすすめします。

 - ブログ